エイペックスブログ

nearsighted and presbyopia.jpg

ここがポイント

老眼は40代頃からはじまり、60歳くらいになれば進まなくなります。若い方々もいずれ年をとれば、老眼鏡や老眼用コンタクトにお世話になるのは避けられないと覚悟しておくほうがいいでしょう。疲れ目対策さえ心がけていれば、暗いところでの読書も勉強も、何ら問題はありません。

よく、「近視の人は老眼にならない」とか「近視は老眼になりにくい」などという発言を耳にします。しかし、これはウソです。老眼はすべての人に訪れる老化現象。誰もが通らねばならない道であり、特定の人がなりにくいことはありえません。では、どうして俗説は広まってしまったのか。

正確に言い直しましょう。「近視の人は老眼に気づきにくい」のです。

そもそも、老眼とは近くのものを見たときに物がぼやけることを指すわけではなく、目のすばやいピント調節ができなくなってきた状態のことを指します。また近視とは、正常な状態に比べてより近くにピントが合ってしまう状態のことです。そのため、近視の場合、老眼によってピントが近くに合いづらくなると、かえってピントの位置がちょうどいい具合になることがあります。また、老眼になっても近くを見ることができるために、老眼だと気づかなかったり、気づくのが遅くなったりすることがあるのです。

老眼が心配な近視の方は、近視用メガネかコンタクトを装用してみてください。その際に「近くも遠くもよく見える」なら、まだ老眼ははじまっていません。ただ、「遠くは見えるけど、近くが見づらい(メガネやコンタクトをはずせば、近くも見える)」という場合は、老眼がはじまっている可能性大です。

なお、遠視の人は近視の場合とまったく逆で、早い段階で老眼に気づく傾向があります。遠視だと遠くにも近くにもピントが合いづらいので、老眼がはじまってピント調節力が低下すると、見えにくさの不便をいっそう感じやすくなります。それで、比較的早期に老眼を訴えることが多いのです。

また、子供の頃、薄暗い場所で本を読んでいると「明るいところで読みなさい。目が悪くなるわよ」と親から注意されたものです。でも、コレも、まったく根拠のないことなんです。

暗いところで読書や勉強をしていても、視力が落ちたり、目にトラブルが現れたりすることはありません。そもそも、人間の目は入ってくる光の量によって水晶体というレンズの厚さを変え、ピントを調節しています。そして、レンズを引っ張ったり緩めたりして厚さを変えているのが毛様体。周りの明るさがどれくらいかに合わせて、毛様体のレンズの引っ張り具合が変わってくるわけです。

つまり、ただそれだけの話。明るいところで本を読んでも、暗いところで本を読んでも、毛様体の引っ張り具合がちょっと変わるだけのことなのです。もちろん、視力になど何の変化も影響ももたらしません。ただし、暗いところでずっと本を読んでいれば、目が疲れるということはあるでしょう。

なぜなら、毛様体は「毛様体筋」という筋肉によって動いています。筋肉であれば、ずっと同じ姿勢をとっていれば、当然疲れますよね。長時間座り続けて仕事をしていれば、だんだん腰や肩などの筋肉が張ってきます。それと同じように、長時間にわたって毛様体を緊張させてレンズを引っ張り続けていれば、毛様体筋もだんだん疲れてくるのです。

ですから、長時間同じ条件の下で読書や勉強を続けていれば、誰しも疲れ目を感じます。おそらく、「暗いところで本を読むと目が悪くなる」という俗説は、こうした「目が疲れる感覚」が誤解されて生み出されたものなのではないでしょうか。


Prev Next