エイペックスブログ

Making the Switch- moving from a Japanese company to American.jpg

 

企業文化や組織構想、経営、人の考え方などビジネスに関わる内容は、企業が本社を置く国の文化が反映されている事がよくあります。

長い間日系企業に勤めていた方がアメリカ系企業に転職すると、様々な違いを目の当たりにし、毎日が驚きの連続になると思います。アメリカ系企業へ転職するべきか迷っている方に、ここでは日系企業との違いや仕事探しのヒントをご紹介します。

 

意思決定スピード

アメリカと日本のビジネス文化は伝統的に大きく異なりますが、特に異なる点の一つが意思決定スピードです。アメリカ系企業の場合、決定は個人レベルで下されるケースが多く、物事が決定するまでのスピードが日系企業に比べて各段に早いです。反対に、株主や経営幹部など複数の人に事前の同意を求める日系企業では、意思決定までに時間がかかります。日本人は、十分に時間をかけて物事を決断することで間違いを防ぎ、全社員に決定事項を確実に浸透させることができると考えているため、全ての物事は注意深く決定され、内容は全て文書にまとめられます。

しかし、日系企業で一度物事が決定されると、その後のプロセスはアメリカ系企業に比べてずっと早いです。なぜなら、日系企業では決定前からすでに社員一同に内容が共有されている場合が多いからです。アメリカ系企業の場合だと、個人が決定してから初めて社内全体に共有されるため、実行までに時間がかかります。この点で、実行に移すスピードという点では日系企業の方が勝っています。

 

個人プレイ vs チームプレイ

日本は他のアジア諸国に比べてそこまで集団的ではありませんが、アメリカに比べるとチームプレイを尊重する文化があります。多くの場合、日本の会社員は個人の意見を押し通すよりも和を大切にし、チームが同意した内容にあえて反論するようなこともしません。反対に、アメリカ人はとても率直なのでで、納得がいかなければチームが同意した内容でも反論を拒みません。

さらに、日系企業の社員は団体責任を守り、チームや会社の業績のために戦い、彼らの商品に誇りとプライドを持っています。アメリカ人はというと、個人責任や利益にフォーカスし、個人の業績のために戦うことが多いです。

 

率直 vs 遠回しな表現

アメリカではとても率直に物を言う人が多いですが、日本では物事を遠回しに伝えて相手に悟ってもらうという文化があります。日本人が大半を占める日系企業でストレートに意見を言ってしまうと、相手を傷つけたり、きつく感じられてしまう危険性さえあります。しかし、アメリカ系企業では、そのような遠慮がちで間接的な日本流コミュニケーションは理解されず、誤解されることさえあるでしょう。

 

リスクは楽しむもの?避けるもの?

アメリカ人はリスクを背負うことに割と前向きです。彼らはチャレンジ、変化、新しいアイディア、斬新な発明などが大好きです。アメリカ企業で働くと常にワクワクを体感できるかもしれませんが、これはリスクをなるべく避けたいと考える伝統的な日本企業とは大きく異なります。

 

マネジメント

アメリカでは、マネージャーや社員は何かを決定する前に相談されること、そして情報を頻繁に共有されることを好みます。しかし、このようなコミュニケーションはとても率直に、かつカジュアルに行われます。物事を明確にするために、対面で会話されるのが一般的です。

日系企業や日本人のマネージャーは、社員をとても大切に育てる文化があります。このような文化や終身雇用制度が残る多くの会社では、社員トレーニングには大量の時間とお金が費やされ、昇進は社内で行われることが多く、特に入社当初は部署移動やクロストレーニングなどの機会が多く提供されます。アメリカ人マネージャーももちろん社員を大切にしていますが、日本人ほど手厚く社員を育てるという考えはないようです。

 

昇進と給与

日本での昇進は、会社への貢献度、長期間での業績、社歴がベースになるケースが多いです。昇進ペースは遅いですが、その代わり長期的な雇用が保障されています。アメリカ企業の場合、昇進ペースはもっと早い代わりに、雇用の保障はありません。昇進は主に、短期間での業績や個人のパフォーマンスがベースとなり、社歴やチームでのパフォーマンスはあまり反映しないようです。

さらに、アメリカ系企業は日系企業よりも給与が高いことで知られています。「アメリカ企業に転職すれば給料が倍になる!」と約束する事はできませんが、それでも多くの場合は、日本企業にいるよりも給料は跳ね上がるでしょう。

女性にとっての大きなメリットは、アメリカ企業では女性が昇進したりリーダーになる機会が多いということでしょう。日本は世界主要7ヵ国の中でも男女格差が最も大きく、女性の上級管理職がたったの7%しかいません。上級管理職の男女格差はアメリカでもまだ改善の余地がありますが、それでも女性が企業のトップに昇進するチャンスは日系企業に比べて大きいです。

 

職場文化

アメリカ系企業への転職を考える際に考慮しなければならない他のポイントは、あなたがそのオフィスの文化に馴染むことができるかでしょう。多くのアメリカ系企業では、様々な人種や宗教、文化、バックグラウンドを持つ社員が集まります。これは時として、考えの食い違いを引き起こし、異文化間での争いに発展してしまう場合もあります。これは、日系企業ではあまり考えられないケースでしょう。

 

ワークライフバランス

日本は、ワークライフバランスに注目する西洋諸国とは違い、プライベートを自制する文化やワークライフが尊重される文化が色濃く残っています。長時間労働が当たり前となり、残業も多く、退社後も飲み会への参加を求められるなど、仕事中心の生活になっている人が多いのが事実でしょう。アメリカでも似ている点があり、ステータスやより高い給料のために仕事中心の生活をしている人が多くいます。ただし、アメリカ企業の場合、様々な形態の柔軟な働き方が推奨されています。パートタイム、在宅、フレックスタイム、子育て中の母親への時短など、アメリカ企業には多くの働き方のオプションがあります。昨今では、日本企業でもワークライフバランスが重要視されてきていますが、アメリカ企業やヨーロッパ企業はやはり何歩か先を進んでいるようです。

 

まとめ

・アメリカ系企業での最初の意思決定は早いが、実行されるまでの時間は日系企業より遅い

・アメリカ系企業では個人プレーが重視され、チームよりも個人の責任や業績にフォーカスされることが多い

・日系企業に比べて、アメリカ系企業には様々なバックグラウンドを持つ従業員が集まり、異なる考えを学べる機会がある

・アメリカ系企業は、柔軟に働く時間や場所を決めることができる場合が多く、都合に合わせた働き方を選ぶことができる

 

 

 

 


Prev Next

新規記事のお知らせをご希望の方ははご登録ください。

    レポートをダウンロード