エイペックスブログ

iStock-849469292

バイオベンチャーが創出する新薬の割合が欧米に比べ極端に少ない日本ですが、事業化へと導くビジネスモデルを確立することが、成功への分かれ目と言えます。

 

ベンチャーの目指す姿


バイオベンチャーには、遺伝子解析データを基にしたバイオマーカーを使った臨床検査薬メーカー、創薬パイプライン型、パイプライン導入開発型、創薬基盤技術型に分類される創薬を目指した医薬品開発型ベンチャー、その他ITなどを駆使した医療技術を提供する情報型ベンチャーなどに大別されます。

なかでも医薬品開発型ベンチャーが究極的に目指すものは、自社技術による創薬で世に画期的な新薬を届ける「創薬パイプライン型ベンチャー」でしょう。

創薬パイプライン型ベンチャーとは、多くは創薬シーズが大学発であり、製薬企業の研究所からスピンアウトしたものです。多くの創薬パイプライン型ベンチャーは、フェーズ1から2の試験を手掛けて、その化合物が想定どおりの有効性や安全性を示す可能性が証明できれば、大手製薬企業にライセンスアウトして現金化し、新たな化合物の開発に再投資することで、継続的な新薬開発を可能にできるのです。

 

ライセンスアウトで投資を効率化

多くのベンチャーは化合物のGMP製造設備などへ自ら多大な投資をすることを避けるため、CDMO(製造受託企業)などに外注する場合が多くなります。また、販売活動へのインフラ投資、人材確保、市販後調査体制の構築などにも大きな投資を必要とするため、基本的には大手製薬企業にライセンスアウトされます。

ただし、希少疾病用薬の開発では、対象患者、医療機関が限られることから、自らの販売権を留保して、導出先と共同販売権を残すケースもあります。やはり、創薬から販売まで一貫したバリューチェーンを確保することが利益の最大化につながるからです。いずれにせよ、ベンチャーの開発した化合物を製薬企業にライセンスアウトできるかどうかが実用化の第一段階となります。

 

まとめ

医薬品開発型ベンチャーのビジネスモデルは、大手製薬企業にライセンスアウトして、あらたな化合物の開発に再投資することです。

 

New call-to-action


Prev Next