エイペックスブログ

apex_it_architecht_skills_career_path

ITアーキテクトという職種をご存じですか?ITアーキテクトには資格の保持など明確な定義はありませんが、IT業界では今後需要が見込まれる重要な職種です。では、どうしたらITアーキテクトになれるのか?仕事内容や必要なスキル、さらに年収アップを目指す場合のキャリアなどについてご紹介します。

 

システム開発の現場で活躍するITアーキテクト

ITアーキテクトはITエンジニアの一種です。具体的には、システム開発プロジェクトにおけるシステムの基盤やフレームワークなどの構造的かつ全体に関わる設計や、規約の作成、開発手順の作成といった共通化・標準化の設計を行うのが仕事です。さらには、クライアントの立場からシステム戦略に則った設計を行うことも求められます。単純に一開発者としてシステム開発プロジェクトの一部を作成するだけでなく、自身のIT専門知識を多角的に用い、システム全体としての構造の最適化・標準化を目指しながら、そこに企業の経営戦略といったクライアント視点を取り入れたWebシステムの「グランドデザイン」を描くことが重要な役割なのです。この点がSE、PG(プログラマ)といったITスペシャリストとは異なる点であり、ITエンジニアの上級職とも言われる所以なのです。

ITアーキテクトという職種は専門とする分野により細分化されますので下記を見てみましょう。

・システムアーキテクチャ

システム全体の基盤、構造設計を行う。他の開発者を主導し、システム開発プロジェクトを推進する。

・アプリケーションアーキテクチャ

システムの中でも、特にアプリケーションの構造に関わるアーキテクチャ設計を行う。フレームワークの選定、システムの共通化、システム標準の策定等が重要なミッションとなる。

・インテグレーションアーキテクチャ

クライアント社内、社外を含めた複数のシステムにおいて、統合、連携、共通化、標準といった設計を行う。単体のシステム開発よりも更に広い視点が求められる。

・インフラストラクチャアーキテクチャ

システム内でもサーバー、ネットワークなどのプラットフォームやセキュリティなどのインフラ領域の設計を行う。

マルチベンダープロジェクトにおけるベンダーコントロールについても、システムの共通化・標準化を実施する観点からそれらがITアーキテクトの職務となるケースも多くあるため、ITアーキテクトは業界においてますます注目される非常に重要な職種なのです。

 

ITアーキテクトに求められるスキルとは?

このように、ITアーキテクトはITエンジニアの中でも求められる職務が多いため、一般的な開発者、設計者よりもハイキャリアであり高年収を狙える職種です。SE、PGのように開発者の一人として職務をこなせるスペシャリティスキルはもちろんのこと、プラスアルファのスキルが求められる難易度の高い職種でもあります。では、ITアーキテクトとして活躍するにはどんなスキルが求められるのでしょう。

・技術力

ITアーキテクトはシステムのグランドデザインを担う立場にあります。システム全体の基調、骨組みを考え、フレームワークの選定、開発手順、開発規約の策定など、その仕事内容はシステム全体に大きな影響を与えます。全体の効率化、品質向上といったメリットをシステム開発プロジェクトにもたらすためには、システム開発における豊富な経験や実績を持ち、総合的に高い技術力が必要とされます。

・システム戦略、企画力

システム開発におけるさらなる上流工程、ITシステム戦略の起案やシステム企画にもITアーキテクトは関わってきます。企業の経営者のもつ経営戦略をもとに、ビジネス発展に役立つITシステムを構築、改修、運用できる、一般的なITエンジニアよりも更にビジネス側の視点に立った考え方ができるクリエイティブなスキルも必要となってきます。

・プロジェクトマネジメントスキル、高いコミュニケーション力

システム開発プロジェクトにおいて、開発者を牽引するのもITアーキテクトの役割です。円滑にプロジェクトを進行するためのリーダーシップ力やマネジメント能力、開発者にこちらの意図や開発のメリットを正確に伝えられるコミュニケーション力やモチベーターとしての役割など、実践的な対人スキルも必要となってきます。また、円滑にプロジェクトを進行させるには、クライアントサイドとのコミュニケーションやネゴシエーションのスキルも必要となるため、多角的なプロフェッショナルスキルが求められるでしょう。

これらITアーキテクトとしてのスキルを証明できる資格としては、IPA独立行政法人情報処理推進機構が運営するシステムアーキテクト試験が有名です。ITアーキテクトとしてのスキルを外部の立場から示してくれる有用な資格といえます。

 

ITアーキテクトから目指せる他のキャリアは?

このように、システム開発プロジェクトにおいて重要な役割を果たすITアーキテクトですが、自身の方向性によって他にも目指せるキャリアパスがありますのでご紹介しましょう。

・技術のスペシャリストとして

総合的なIT専門知識を有するITアーキテクトですが、特定の専門スキルを極め、最先端の技術者となることも目指せるキャリアの一つです。最新の技術動向に目を光らせて率先して技術力を高め、それらをイノベーションに繋げられる技術者は、DXが求められる時代に必要なIT人材です。

・システム戦略を提案するITコンサルタント

企業の経営戦略を踏まえたWebシステムのグランドデザインを描くのがITアーキテクトですが、共通項が多いキャリアとしてITコンサルタントがあります。クライアント企業の経営層をメインターゲットとし、経営戦略に沿ってシステム戦略およびシステム企画を策定し、実際のシステム開発プロジェクトに繋げるのがITコンサルタントの仕事です。この点で、ITアーキテクトの上級キャリアにあたる職種といえます。

PM(プロジェクトマネージャー)

プロジェクトマネージャーもシステム開発プロジェクトの円滑な進行が職務である点で、ITアーキテクトと似た職種です。プロジェクト全体の責任者として、ITアーキテクトよりもさらに上のプロジェクトマネジメント能力が要求されるキャリアです。

 

難易度は高いがやりがいのある職種

IT化がますます求めらる時代、ITアーキテクトの需要はさらに拡大することが予想されます。システム開発プロジェクトにおいて中心的な役割を果たし、自身の能力がプロジェクトの成功を直接左右する、技術者として非常にやりがいのある職種です。同時に、SE、PGといった一開発者よりもさらなる高い開発スキルが求められるうえ、高いコミュニケーション能力も求められます。挑戦は決して容易ではありませんが、IT技術者としてさらにキャリアアップを目指したい方には、魅力的な選択肢の一つと言えるでしょう。エイペックスでも、IT技術者の方のキャリア相談を随時行っています。実際にどんな求人があるのか、どのようなキャリアパスを目指せば良いのか、IT・デジタルメディア専門チームに聞いてみることもお勧めいたします。

 

New call-to-action


Prev Next