エイペックスブログ

supply chain

現代のサプライチェーンでは、「アジリティ」(機敏、軽快の意)がどの企業も注目する重要なキーワードとなっています。市場状況が猛スピードでコンスタントに変化し続ける中、企業は混乱時にも迅速かつ効率的に対応できるように、無駄がなく柔軟であることが求められています。

現代のサプライチェーンプロセスを取り入れ、柔軟性があり、混乱時の準備できており、最新テクノロジーを活用できている企業は長期的に成功します。それでは、テクノロジー、継続的改善、回復力によっていかにサプライチェーンが適切かつ持続可能になっているのか見ていきましょう。

 

テクノロジー

革新は業務改善に絶対不可欠であり、サプライチェーンマネジメントにとっても同じ事が言えます。絶えず変化する消費者ニーズに応えるために、組織は世界競争に勝ちながら生産量・物流を最適化し続けなければなりません。そこで最新のテクノロジーを活用すれば、プロセスが簡易化され、コストが削減され、消費者満足度が上がり、サプライチェーン運用のコントロールがしやすくなる、と多くのメリットがもたらされます。

 

ビッグデータとサプライチェーン・アナリティクス

サプライチェーンからビッグデータとアナリティクスが形成され、それがさらに新しいやり方を生み出します。

データと定量法を用いる大規模サプライチェーン・アナリティクスを適用すれば、サプライチェーンにおける全てのアクティビティの意思決定を向上させることが可能です。サプライチェーン・アナリティクスには、具体的に2つの新しい効果があります。一つ目に、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)やサプライチェーンマネジメント(SCM)システムにある従来の内部データを超えて分析データセットを拡張します。二つ目に、新規・既存両方のデータソースに強力な統計法を適用します。フロントラインオペレーションの改善から、サプライチェーン運用モデルの選択といった経営戦略の選択まで、アナリティクスを適用することでサプライチェーンの意思決定の精度が上がり、そこから新たな見方やアイディアが生み出されます。

 

まとめ

従来のサプライチェーンメソッドからより現代的なアプローチへと変化している。それは同時に、企業が新しいタイプのサプライチェーンのプロを探しているということを意味します。現代のサプライチェーンの仕事をするには、物流とITコンサルティングの両方に精通している必要があります。ERPを実行した経験はとても重要ですが、さらにSQL、エクセル、Pythonプログラミングのスキルを持っている人は転職市場で有利になることが予想されます。

 

エイペックスのサプライチェーン・購買専門コンサルタントと直接お話ししませんか?
こちらからお気軽にお問合せください!

 

 

New call-to-action


Prev Next