エイペックスブログ

characteristics from gene

世の中にはいろんな性格の人がいます。好奇心という点だけで考えてみても、ちょっと興味が沸けば即実行して、バンジージャンプでさえ楽しんでしまうような人もいれば、何に対しても深い興味を示すことなく、淡々と日常を送っているような人もいます。そんな人間の性格傾向が遺伝で決まっていると言われたら、皆さんはどうお感じでしょうか?

もちろん、性格は何から何までそっくりに似るわけではありません。双子を対象とした研究では「性格の約50パーセントが親からの遺伝で決まる」とされています。ただ、いろんな性格の要素があるなかでも、遺伝の影響を受けやすいとされている気質があるのです。

たとえば、冒頭の例に挙げた好奇心や積極性。学問的には「新奇性追求」と呼んでいるのですが、この気質は遺伝子によって左右されることが分かっています。

つまり、新しいものやめずらしいものを積極的に追い求めていくかどうかの傾向が遺伝で決まりやすいというわけです。

 

新奇性追求遺伝子は繰り返しが決め手

「新奇性追求遺伝子」は、神経伝達物質であるドーパミンの受容体のひとつで「D4DR遺伝子」と呼ばれています。この遺伝子は一部に配列が繰り返しになっているところがあり、その繰り返しは、短いもので2回、長いもので10回と大きな差があります。そして、この繰り返しの回数が多い人ほど、「新奇性追求」の性格傾向が強いとされているのです。

ですから、携帯電話の新しい機種が発売されたら、すぐに飛びついて買ってしまうような人や、いろんな土地に旅行してめずらしいものを見て回るのが大好きというような人は、繰り返しの多いD4DR遺伝子を親から受け継いでいるのかもしれません。

ちなみに、日本人にもっとも多いのは4回繰り返しの遺伝子です。アメリカやラテン系の人には7回繰り返しの人が多いとされています。世界の人々の目から見ると、よく「おとなしい」「遠慮深い」などと評される日本人ですが、こういうところに原因があったと考えることもできるでしょう。

なお、遺伝子の影響を受けやすい性格や気質の傾向は、「新奇性追求」だけではありません。アメリカ・ワシントン大学のクロニンジャー博士は、人間のパーソナリティーのうち、遺伝の影響が強いものとして、「新奇性追求」のほかに「損害回避」「報酬依存」「粘り強さ」などの気質を挙げています。また、「新奇性追求」もいくつかの項目に分かれていて、「衝動性」「浪費癖」「秩序の無視」などの因子でも強い影響が見られるそうです。


まとめ:

リスクを回避したり、引っ込み思案だったり、情の深いお人よしだったり、ひとつのことを根気強くやり遂げたりするのも、遺伝の影響が考えられるいうことです。また、ちょっとしたことでキレたり、衝動買いをしたり、ギャンブルでお金を使い果たしたり、小さなルール違反を気にもとめなかったりするのも、遺伝的に受け継いでいる可能性があるということになります。

 

New call-to-action


Prev