エイペックスブログ

how_to_get_job_in_it_industry

IT人材の不足が続く昨今。根底にあるのは労働人口の減少とDXをはじめとした企業のIT化の推進です。一方、コロナ禍でIT人材を求める企業にも変化が起きており、企業体力の低下から未経験よりも即戦力が転職市場で求められています

それでも、ますます成長が見込まれるIT業界。未経験からチャレンジする場合、どのような準備を行いどんなスキルを身に着ければ良いのでしょうか。IT業界には多くの技術職があり、専門とする分野はそれぞれ分かれています。未経験の場合はどのような職種を選ぶべきなのでしょうか。

 

まずはIT業界の構造を知ろう

未経験からIT業界への転職を考える場合、まずはIT業界の構造について知っておく必要があります。

日本のIT業界では、SIerやシステムベンダーと呼ばれる企業が発注を受けてITシステム等を開発する場合が多いです。このSIer、ベンダーは多重の下請け構造となっており、デベロッパーと呼ばれる開発を実際に担当する企業へ開発を依頼する構造になっています。特に、大規模なシステム開発においてはその傾向は顕著です。この多重下請け構造の中で、どの階層で仕事をするかによって業務内容や収入が大きく変わってきます。

一方で、多重下請け構造を取らず、社内での開発の内製化に取り組んでいる企業もあります。スタートアップ、ベンチャーと呼ばれる企業などでは、自社に開発者を雇って開発を進めることもよくあります。この傾向は、Webサービス、Webアプリケーションの開発運用を行っているようなビジネスでもよく見られます。

これ以外に、ITを主業務としていない一般企業にもIT関連部門があります。いわゆる情報システム部門と呼ばれる社内の情報系の企画、推進、設備の管理などを行う部署です。しかし、このような職種はポテンシャル採用をしていることはまずないので、未経験からの転職は対象外と考えたほうが良いかもしれません。

IT業界の構成について知った上で、どの位置の企業への転職を目指すかを決定し、それに必要なスキルを身に着けることになります。多重下請け構造の上流にあたる企業ほど要件定義、設計、プロジェクトマネジメントといった業務スキル、経験が重要視されるため、未経験からの転職はハードルが高くなります。下流にあたる企業では、システム開発の中でもプログラミングやテストといったスキルが必要です。また、スタートアップ、ベンチャーでは業務は幅広く、それに対応できるスキルが必要となります。

転職時に全てが出来る必要はありませんが、技術的な課題、システム開発技法など、自分で調べて習得することが出来る能力は必須です。一定以上の技術を習得し知識とスキルを示すことが出来る方法として、資格の取得があります。資格は必須ではありませんが、第三者の立場から一定以上のスキルを示してもらえるという意味で有用なのです。

 

未経験でも転職しやすい職種と気になる年収は?

IT業界の中でも、未経験から転職しやすい分野や職種がありますのでご紹介しましょう。

システム開発関連:

・プログラマー:設計書に沿ってプログラミングを行う。

・テスター:テストの実施

Web制作関連:

・Webプログラマー:設計書に沿ってプログラミングを行う。

・Webコーダー:HTMLなどでWebのフロントページ作成を行う。

またシステム運用オペレーターなども、未経験でも転職がしやすい職種です。

これらの職種に共通しているのは、必要とされるスキルの習得へのハードルが低いことです。多くの人手が必要とされている、という側面も転職しやすい要因です。比較的身に着けやすいスキルである反面収入は低い傾向にありますが、将来的なキャリアアップを見越しながら、まずはIT業界での経験を積むためには良い選択でしょう。

※職種については明確な定義は無く、企業や業界によって担当業務範囲も異なることがあるため注意が必要です。

IT業界の年収はスキルの上昇とともに上がっていきます。経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」のスキル標準レベル別の給与水準を参照すると、未経験からの転職にあたるレベル1(新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル)では、平均年収は437.8万円です。これがレベル3(独立して仕事ができる中堅人材レベル)では576万円、レベル4(部下を指導できるチームリーダーレベル)では726.1万円と上昇していきます。

IT業界に魅力を感じるのであれば、年収が低くてもまずはスタートすることが大事です。その後にスキルを身に着けながらキャリアアップを目指せば良いのです。

 

New call-to-action


Prev Next