エイペックスブログ

detox.jpg

ここがポイント

「体に毒素がたまってる」なんて医学的にあり得ません。デトックスで体の毒素が排出されるという、一見すると納得感のあるフレーズには注意しましょう。

 

近頃気になるデトックス

最近、デトックスが流行っているそうです。

なんでも、体にたまった有害ミネラルなどの毒素を追い出すメソッドだそうです。その手段にも、岩盤浴などで汗を出したり、腸を洗浄したり、断食のようなことをやったりと、いろいろな方法があると聞きます。

しかし、デトックスには、医学的根拠は何ら存在しません。まじめに取り組んでいる方には申し訳ないのですが、やっても意味のないことをやらされていると言ってもいいでしょう。

まず、「体に毒素がたまる」という考え方が非科学的です。

 

毒素とは何か?

そもそも、毒素って何なのでしょう。医学的にはこのようなものは存在しません。デトックスを主張する方は、どうやらアルミニウムや水銀、鉛、カドミウムなどの重金属を毒素と位置づけているようです。しかし、食べ物にしろ、水道水にしろ、厳しい環境基準が設けられている現代日本では、こうした有害物質が人体に影響を与えるほどに蓄積するとは到底考えられません。

仮に毒素のようなものがあったとしても、人間には腎臓から不要物質を排泄する生体機能がちゃんと備わっています。腎機能が弱っている方の場合は、不要物質をスムーズに対外に排泄するための治療を行うこともありますが、健康な方ならば、何の支障もないはずです。

さらに毒素を排出するとしている方法も非科学的です。

汗をかくことによって、皮膚から有害ミネラルが排出されるという研究はありませんし、腸を洗浄したり断食したりしたところで、有害ミネラルが減るとは思えません。「便と一緒に要らない脂肪が排出される」などということも言われているようですが、脂肪が排泄されたりしたら、それこそ病気です。

 

つまり、デトックスは何の根拠もないのです。「毒素を出せば肌がきれいになる」とか、「体の不要物を排出してやせる」とかといった文句も巷を賑わしているようですが、飛びつく前によく考えてみるほうがいいかもしれません。

 

こちらから、健康や薬に関するその他のブログ記事をお読みいただけます:

薬の効く人、効かない人


Prev Next