エイペックスブログ

apex_internship_experience_namika

エイペックスでは多くのインターン生が活躍していますが、昨年12月から製薬チームに所属している奈実香さんは、フルリモートで学業の傍らエイペックスで働く学生の一人です。

都内の私立大学に通う奈実香さん。国際企業の社会的役割などグローバル研究に最も関心を寄せているという向学心あふれる教養学部の3年生です。奈実香さんがエイペックスでのインターンシップで得たものは何なのか?率直に感想を聞いてみました。

 

Q. なぜエイペックスのインターンシップに参加しようと思ったのですか?

インターンシップは大学入学時からやってみたいと思っていました。大学で学んでいることや今まで得たスキルを試す場がほしいというのと、ビジネスの仕組みを内から知って学びたいと思っていたからです。

ただ、大学の授業が忙しいため、①リモートワークができること、②英語やITスキルが使えること、③アルバイトの時間が取れないので有給であること、の3つの条件が叶うインターン先を探していたところ、登録しているLinkedIn経由でエイペックスを見つけたのがきっかけです。面接を受けてみたところ、会社の雰囲気や社員の方々がとても感じが良さそうでしたので就業を決めました。

 

Q. 具体的な勤務スケジュールや仕事内容はどのようなものですか?

スケジュールの組み方はとても自由です。期限までに希望のシフトを提出しますが、私は週3~4日、一日3~5時間の勤務でほぼ希望通りにシフトに入っています。仕事の進め方は、担当者が作成したその日のto-doリストがあるので、それを順番に終わらせていくスタイルです。リストは他のインターンとも共有されていますので、もし終わらくてもリスト上で次のインターンに引継ぎができるので、完了しなければならないプレッシャーはありません。

 

仕事内容は、転職に興味のある候補者の方をデータベース上から探し出してコンサルタントに報告する仕事がメインです。それに加えて、インターン業務のマニュアル制作や新しく入るインターン生へのオリエンテーションの実施、候補者の方に送るアンケートの作成なども行いました。事務的な業務が多いように感じるかもしれませんが、実際はメンバーの方とのコミュニケーションも十分に取りながら進めています。

 

また、エイペックスの新入社員向けの研修に参加できたのは貴重な経験でした!私は製薬、IT、リーガルなど業界別の研修に参加しましたが、各業界の仕組みや必要とされる人材の傾向など、業界の重要なポイントを短時間で学べたことはとても良い経験になりました。

 

Q. 担当者からどのような教育がありましたか?分からないことが発生した場合、どのようにフォローしてくれましたか?

最初にオリエンテーションで、ビジネスの流れ、必要なアカウントの設定方法などを丁寧に説明してもらえるので、安心して仕事がスタートできました。

 

具体的な仕事内容についても、新しいタスクが与えられる度にやり方を丁寧に説明してくれます。分からないことがあれば、この最初の説明でできるだけたくさん質問するよう意識しています。実際タスクに取り組む中で分からないことが発生した場合には、すぐにオンラインチャットかメールで質問します。回答は、簡単なことなら文面で、複雑なことはGoogle Meetなどのビデオ電話でスクリーンシェアをしながら丁寧に回答してもらえるので、困ることは全くありません。

 

Q. インターンシップで具体的に何を学びましたか?

本当に多くのことを学べましたが、以下が主な内容です。

 

・ITスキル 

Google email, docs, spreadsheet, slidesなどのGoogle Chrome appsの活用スキルです。実際のビジネスシーンでの応用方法が習得できました。

 

・コミュニケーションスキル

特にリモート環境でのオンラインでのコミュニケーションスキルです。なるべくコミュニケーションを取るよう意識することが、業務に関する知識を高めるうえでも大切であると学べました。

 

・Teachingスキル、アドバイススキル

新しいインターン生にオリエンテーションや業務のレクチャーを行いましたが、大学の授業のプレゼンであれば「伝えること」が主な目的なのに対し、インターン生への説明は「その人が知識を習得し作業ができるようになる」ことが目的なので、作業を客観的に捉えてわかりやすく相手に説明するスキルを身につけられたと思います。インターン業務のマニュアル作成時も、図や表を使って視覚的に見やすいマニュアルを作るよう心掛けました。

 

・人材に関する知識

毎日数多くの人材情報に触れる機会がありますので、どのような人材がビジネスで必要とされているのか、どのようなレジュメ/CVが採用担当者にアピールできるのか、といった具体的な就職・転職のヒントを得ることができました。自分の将来を具体的に想像する手がかりになります!

 

Q. エイペックス、もしくは製薬チームについて教えてください。

エイペックスで働いている方々は皆さんとても気さくで優しく、オンラインでもランチ会をしたり、他の社員の成功をメッセージなどでお祝いしたりと、前向きでエネルギッシュな雰囲気がいつもあります。上下関係もほとんど感じず、気軽に様々な役職の方々と話をする機会があり楽しいです。労働条件だけでなく、雰囲気やチームワークを大切にするカルチャーも含めてとても働きやすい会社だと思います。

 

Q. これからエイペックスのインターンシップに参加する人にアドバイスをお願いします。

人材紹介や転職支援会社などは大学生にとってはあまり馴染みがなく、どのような業務をしているのか想像できないかもしれません。実際に働いてみると、異なる業界を担当しているコンサルタントから知識を得たり、多様な経験を持つ転職希望者の方のプロフィールを拝見したりと、大学の授業では触れることのない現実的な社会の側面を知ることができます。社会の仕組みを俯瞰して観察できる良い機会だと思いますので、就職活動の際の自己分析や、自身の将来の計画を具体的に考える際にも役立つと思います。まだ働きたい業界が決まっていないのであれば、エイペックスでのインターンを強くお勧めします。きっと素敵な経験ができると思います!

 

奈実香さんはもうすぐインターンシップを終了し、今秋ベルギーに長期留学をする予定です。その後は海外での大学院進学や、さらに知見や人脈を広げてグローバルに活躍することを目指しているとのこと。奈実香さんの今後の活躍を、エイペックス社員一同心から応援しています!

インターンシッププログラムについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください:

Apexインターンシップ


Prev Next