エイペックスブログ

ai_engineer

IT人材の需要が高まる中、近年特に熱い視線を集めているのがAIエンジニアです。AIは現在も発展中の最先端技術であり、その有用性が多くの分野で見込まれています。実用段階にたどり着いたAIが製造、マーケティング、医療他多くの分野で成果を上げ始めていることも注目を集める理由の一つです。では、AIエンジニアになるにはどのようなスキルが求められ、どんなキャリアが見込まれるのでしょうか。

 

AI技術の需要は高まる一方

AI(Artificial Intelligence)とは、人工知能とも訳されるコンピュータによる高度な思考、判断を実現させる技術です。これまで人が行わなければ実現できなかった、「ものを考えて答えを導き出す」という行為を機械化、自動化することが可能となります。データ、サンプルを大量に用意し、コンピュータにその判断の傾向を学ばせる機械学習を行わせるものが今日の主流となっています。よく耳にするディープラーニングもこの機械学習のひとつです。

AIを用いたソリューションとしては、医療における画像診断、マーケティングにおける市場予測、自動車の自動運転、機械稼働の異常検知と予測など、非常に多くの分野で活用が見込まれています。

 

AIエンジニアに求められるスキルとは

AIは、プログラムによってデータの分析を行うことが必要です。このためAIを扱うエンジニアには、データの分析、解析を行うための統計処理など数学的素養に加え、AIを動かすためのプログラミングスキルが求められることとなります。

プログラミング言語としては、汎用性の高いPython、データ分析に特化したR言語がよく利用されています。そして、データを集める、整理する、加工する、有用な情報を抽出する、といったこともAIを扱うエンジニアの役割となります。これには、ビッグデータを含むデータベースやIoTなどを横断的に利用できる能力も必要となってくるでしょう。

 

AIエンジニアにはどんな職種がある?

AIエンジニアの職種は大きく分けて二つあり、一つ目がプログラマや開発者で、AIを利用する仕組みづくりを行います。もう一つがデータサイエンティストと呼ばれる職種で、AIを使った仕組みを利用して有用なデータ、傾向を導き出しビジネスに活用することがその職務となります。もちろん両方のスキルがあれば、より需要の高い人材となることは言うまでもないでしょう。

AI関連は発展中の分野であるため技術者が不足しており、求人では他のIT技術者よりも高収入の傾向にあります。また、学習コストも必要であり、スキルを身に着けるのに時間がかかることもその傾向に拍車をかけています。

 

DX推進の要としてもAI人材は貴重

コロナ禍において、多くの企業がより早期のDX実現の必要性を再確認したことでしょう。AIによって実現できるビジネスの変革は甚大です。しかも、その適用分野は実に幅広い業種に渡ります。AIエンジニアは、企業にとってDX推進のための大切なピースとなり得る人材といえます。

その一方で、前途したようなスキル、素養、そして適用分野のビジネスへの知識も必要となってくる職種ですので、能力を身に着けるのにはコストがかかります。そのあたりも人材が枯渇している理由の一つなのです。

 

終わりに

AIを活用したソリューションは、幅広い業界、業種で適用可能かつDXの実現につながるものとして、非常に高い注目を集めています。一方、AIエンジニアは人材不足な半面高年収であり、今後さらに需要が見込まれる非常に魅力的な分野です。エイペックスでは、IT・デジタルメディアチームの専門コンサルタントが在籍しており、常に登録者に最新の求人情報をお届けしています。専門の転職エージェントを利用して情報収集を心掛けておくのも転職成功のポイントです。

 

New call-to-action


Prev Next