エイペックスブログ

keep in mind.jpg

転職活動とは、なかなか計画通りに物事が進まないもの。「次はどんな仕事に就こうかなー」とワクワクしながら考えるのはとても楽しい作業ですが、同時に不確定要素が多く不安な時間でもあります。転職活動ではどのような事が起こっても強く挑み続けられるように、実務的な準備だけでなく精神的にも準備していきたいものです。

感情の波に負けず、転職活動を続ける準備はできていますか?ここでは転職活動中にぜひ気にかけていただきたい3つのポイントを挙げていきます。

 

非現実的な理想は捨てる

転職活動では、常にオープンマインドかつ現実的であることが欠かせません。何が何でも入社したい夢の企業・職業があるから転職活動する、という方もいるでしょう。しかし以前は考えてもいなかった企業や職種の方が、自分の性格や目標に合っていることだってあるのです。ですから仕事探しをする時は、社名や会社の規模にとらわれずに可能なオプションをできるだけ多く挙げ、そこから徐々に絞り込む作業をしてみてください。本当に自分に合った仕事に出会える確率が高まります。また転職活動は想像以上に時間がかかり、ニッチな領域であればあるほど長期戦となるため、活動期間は余裕を持って考えるようにしましょう。転職活動は業界、企業、職種によって所要期間が変わってきますが、私達の経験から言うと36ヵ月程かかるのが一般的です。

 

批判は素直に受け入れる

全てが計画通りに進まないことだってあり得ます。次から次へと希望の企業から不合格通知をもらい、泣きそうになることだってあるでしょう。面接で批判されたり、断り続けられたりすると、人格まで否定されたように感じやる気がなくなってしまうものです。しかし、批判を受けたならその内容や理由を素直に受け入れ、そこから学んで進化していけば必ずいい結果につながります!もし先方から面接やテストのフィードバックをもらえたら、そこから何を学べるか、次にどう活かせるかをよく考え、気持ちを切り替えて次に進みましょう。

リクルーターから一言:職務経歴書を見た感想や、面接相手からのフィードバックは、担当リクルーターから教えてもらえます。ぜひ積極的に聞いてみて、次回どうすれば同じ失敗をしないのか、リクルーターと一緒に戦略を立てていきましょう。

 how meeting a recruiter can benefit your career

 

自分の「やる気スイッチ」を知る

あなたの強み、弱み、やる気の根源は何ですか?内発的モチベーション、外発的モチベーションは?長期的に達成したい目標は?会社に一番求めるものは?転職活動を始める前に自問自答し、じっくりと自己分析することで、本当に自分に合った会社・職業を見つけ出しましょう。この作業に時間をかければ、面接もより戦略的に挑むことができます。

 

まとめ:

  • 転職活動では、不採用が続いても強くい続ける精神力が大切。起こりうるケースを想定してイメージトレーニングを。
  • 希望する会社や職種以外でも、縁があれば前向きに考えてみること。当初の希望とは違っても、自分の性格やキャリア目標にベストマッチしている場合もある。
  • 批判されても、お断りが続いても、失敗を素直に受け止めて次に活かすのが大切。
  • そもそもなぜ転職したいのか、突き詰めて考えれば、本当に希望する企業・職種が見えてくる。

 

New call-to-action


Prev Next