エイペックスブログ

received_546898799104495.jpg

テクノロジーが進化し、企業や個人が働き方の転換を迫られている今、人材・人事に関わる人間は何を見据えて行動すればいいのか?これは先日エイペックスチームが参加させていただいたリンクトイン・ジャパン主催のカンファレンス「LinkedIn NetworkIn 2018」のメインテーマでした。

デジタル時代において働き方がどう変わってきたか、それが日本の企業にどのような課題を与えているか、このカンファレンスを通して深く考えされられました。

加速するデジタル社会において、企業はどうやって足りないスキルを補っていくべきか?

人材採用に関わる人間は、どうすればテクノロジーを有効活用でできるのか?

グローバル化が進む中、言葉のハンデを持つ日本企業はどうやって優位に立てるのか?

といった内容がカバーされましたが、一番のポイントは人事や人材業界に身を置く人間がこのような変化や日本の採用に与える影響にいち早く気づき、適応することが必要だということでした。

このイベントで私達は、人材・リクルートメント業界に贈られる『ブランディング・エクセレンス賞』と『リクルーター・パフォーマンス賞』を受賞することができました。

linkedin awards

受賞されたみなさん、本当におめでとうございます!私達もまた近い将来、このようなイベントに参加できることを願っています。そして日本の人材業界の変化について、社内でも引き続き話し合っていきたいと考えています。

大きく変化する雇用環境下での採用活動を、私達にお手伝いさせていただけませんか?
どうぞお気軽にご連絡ください:

企業様お問い合わせ


Prev Next